企業情報

私たちの考え方

-基本行動-
高品質の製品を、納得のいく価格で、安定して供給する
健康社会の更なる発展を目指し新製品開発に全力を傾ける
-基本方針-
社員の幸せ、お客様の幸せ、業界の幸せ、地域の幸せ、みんなの幸せを目指す
-基本目標-
いつも誠実で、地域社会に貢献できる企業となる
-スローガン-
「優しさにふれるコットン」
コットンの優しいさわり心地、清潔なイメージを言葉にしたもので
100%自然素材で人にも環境にも優しい素材を扱う企業イメージを表現

会社概要

社     名  尾崎工業株式会社 (OZAKI INDUSTRY INC.)
代表取締役社長  砂本 兼三 (SUNAMOTO KENZO)
         
所  在  地  本社
         〒599-0201 大阪府阪南市尾崎町8-16-3
         TEL072-472-1061  FAX072-472-1528
         E-mail info@ozakikogyo.jp
         東京オフィス
         〒142-0051 東京都品川区平塚2-11-12 1104
設     立  1943年(昭和18年)10月 資本金1,000万円
         従業員数/45名(全員正社員)
規     模  本社敷地/8,990㎡  建物/4,306㎡
事 業 内 容  医療脱脂綿の製造及び販売
         医療ガーゼの製造及び販売
         コットンボールの製造及び販売
         不織布(バインダー式)の製造及び販売
         冠婚葬祭用品の製造及び販売
         理美容用品の製造及び販売
加 盟 団 体  一般社団法人 日本衛生材料工業連合会
         大阪衛生材料協同組合
         公益社団法人 泉佐野納税協会 
         一般社団法人 岸和田労働基準協会 
         阪南岬火災予防協会 
         泉南交通安全協会
         阪南市商工会(阪南ブランド14匠認証企業)
取 引 銀 行  大阪信用金庫 尾崎支店
         紀陽銀行   尾崎支店
         池田泉州銀行 阪南支店
         三菱UFJ銀行 岸和田支店
登録証/許可証  医療機器製造業登録証      登録番号 27BZ006089
         第三種医療機器製造販売業許可証 許可番号 27B3X00045
関 連 会 社  有限会社 砂本ブラザーズ

会社沿革

1943年(S18) 砂本 嘉蔵が大和紡績株式会社の協力工場として
         陸軍被服本庁の精錬繊維製造を開始
         
1945年(S20) 脱脂綿(衛生家庭綿)の製造を開始し終戦後の極端な
         繊維物資不足の一助となる 
1950年(S25) 特紡を始め綿紡績を増設稼働
1959年(S34) 厚生省(現厚生労働省)より医薬品製造業許可を受け
         日本薬局方脱脂綿の製造を開始
1967年(S43) 尾崎工業25周年 記念式典
         
1970年(S45) 砂本 四朗 代表取締役社長に就任
1972年(S47) 特殊繊維工業構造改革臨時措置法承認を受け紡機を売却
         衛生材料製造業専業となる
         
1978年(S53) 冠婚葬祭用品の製造販売を開始
1988年(S63) 不織布・綿球工場棟建替
1993年(H05) 基幹業務のコンピュータ化
1994年(H06) 創立50周年 事務所棟建替
         インターネットへの接続    
1995年(H07) 第1工場棟建替
         WEBサイトの開設
1998年(H10) 第2工場棟建替 翌年製品倉庫棟建替 一期建替工事完了
          
2000年(H12) 泉佐野税務署より優良申告法人表敬状を授与
2005年(H17) 改正薬事法施行により脱脂綿・ガーゼが日本薬局方から
         医療機器に移行
         泉佐野税務署より優良申告法人表敬状を授与
         経営革新計画承認
2010年(H22) 泉佐野税務署より優良申告法人表敬状を授与
2015年(H27) 工場隣地約800坪取得
         代表取締役社長 砂本 四朗 旭日双光章受章
         
2016年(H28) 砂本 四朗 代表取締役社長から取締役会長に就任
         砂本 兼三 専務取締役から代表取締役社長に就任
         泉佐野税務署より優良申告法人表敬状を授与
2020年(R02) WEBサイトのリニューアル

BCP(事業継続計画)対策

1.社員安否確認システムの導入
  災害等発生時に社員の安否状況を、契約システムより一斉配信し安否確認。  
2.電源・蒸気・エアー・水、各インフラ2系統設置
 (キュービクル高圧受電・低圧受電の完全分離)

 (蒸気ボイラ、集中配管)

 (エアーコンプレッサー、集中配管)

*敷地内に井戸を設置し、災害時には生活用水として利用する。
*各インフラを2系統にし、設備を一箇所に集めて集中配管することにより、
 災害時の早期復旧を目指す。
3.火災時対策
 火災時対応マニュアルの整備
 自動火災報知設備の設置(警備会社オンライン)
 消火器の設置
 防火水槽の設置
4.製品在庫対策
 製品在庫を2階もしくは棚置きにすることにより、水害による被害を軽減する。
5.サーバシステム対策
 業務システムの毎日バックアップ
 ビジネスセキュリティー対策ソフトの導入
 APCによる停電対策
 
6.防犯・セキュリティ対策
 警備会社との契約
 防犯カメラの設置
7.感染症対策
 出社前検温、出社時手指消毒、マスク着用等の徹底により感染症を防ぐ。

アクセス

【電車の場合】最寄駅:南海本線 尾崎駅(特急停車駅) 西口~徒歩 約20分
【お車の場合】最寄高速出口:阪和自動車道 泉南IC(下り)阪南IC(上り) 約10分
              阪神高速湾岸線 泉佐野南IC 約15分
【運送業者様】≪弊社内でのお願いがございます≫
       *前進入場 *時速10キロ以下 *帽子着用 *マスク着用
       *手指消毒(手洗い)*火気厳禁 *体温37.5度以上は下車不可
       よろしくお願い致します。