安全対策

BCP(事業継続計画)対策

1.社員安否確認システムの導入
  災害等発生時に社員の安否状況を、契約システムより一斉配信し安否確認。  
2.電源・蒸気・エアー・水、各インフラ2系統設置
 (キュービクル高圧受電・低圧受電の完全分離)

 (蒸気ボイラ、集中配管)

 (エアーコンプレッサー、集中配管)

*敷地内に井戸を設置し、災害時には生活用水として利用する。
*各インフラを2系統にし、設備を一箇所に集めて集中配管することにより、
 災害時の早期復旧を目指す。
3.火災時対策
 火災時対応マニュアルの整備
 自動火災報知設備の設置(警備会社オンライン)
 消火器の設置
 防火水槽の設置
4.製品在庫対策
 製品在庫を2階もしくは棚置きにすることにより、水害による被害を軽減する。
5.サーバシステム対策
 業務システムの毎日バックアップ
 ビジネスセキュリティー対策ソフトの導入
 APCによる停電対策
 
6.防犯・セキュリティ対策
 警備会社との契約
 防犯カメラの設置
7.感染症対策
 出社前検温、出社時手指消毒、マスク着用等の徹底により感染症を防ぐ。